光腔

Lumen - Spiracle

スピラクル


サンプル MP3 (02:00 - 128kbps)

o ニュース

o バイオ

+ アーカイブ

レコーディング

o ショップ

o コンタクト


  • タイトル:Lumen
  • アーティスト:Spiracle
  • 曲名:Lumen
  • 収録時間:19分17秒
  • フォーマット:3インチCDr
  • カバー:3インチPケース
  • 発行年月:2007年8月
  • レーベル:Taâlem
  • カタログナンバー:alm 44

  • 制作ロケーション:音源録音:2004年鹿児島。構成:2005年ラヴォー(スイス)、2006年夏ムースタ(エストニア)、再構成 + マスタリング:2007年冬ジュネーブ(スイス)。
  • 覚書:前作、SpiracleのAnantaとほぼ同時期に作られた作品。Ananta同様、聴くための時間帯を意識して作られた楽曲。Anantaの就寝前〜就寝中に対し、こちらは日の出直前を対象にしているが、起床直前という意図では無く、聴取者の状況は限定していない。

彷徨う星座 呑込まれた天の川
毛細血管を滑る 流れ星
瞬く和毛の渦 凝固する沼地
体腔は 朝霧の中 開かれた

レビュー

Heren Scarsdale Agency

Think Andrew Chalk. Then think about Chalk's contributions to Organum.
The early '90s drone compositions may very well be the springboard for the Japanese nomad Hitoshi Kojo, who records under the moniker Spiracle.
His slow moving acoustic drones have all of the gravel throated raspiness of bowed metals, gongs, long-strings, and whatnot; but his elegant compositional sensibility shifts these growling textures into billowing, aerated movements of endless dronescaping.
A brief 20 minute piece from Spiracle, but one that could endure more than a few repeated listens.
Very nice.

いくつかのコンテンツの閲覧にはフラッシュプレイヤーが必要です。
このサイトのインターネットエクスプローラーとの互換性は未確認です。他のブラウザーでご閲覧下さい。

このサイトのすべての素材は以下のライセンスに帰属します。
Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.