クリックで拡大

閾 Border


  • タイトル: 閾 Border
  • 制作年: 2001年
  • 素材: 赤外線センサー、サウンドサンプラー、録音した声、スピーカー、LEDランプ、鏡、薔薇、ポプリ、暗室
  • サイズ: 500 x 700 x 250 cm
  • 展示: 2001年5月 / ギャラリー銀座一丁目

インスタレーション内でのパフォーマンスの記録



同時再生可

o ニュース

o バイオ

+ アーカイブ

インスタレーション

o ショップ

o コンタクト


完全な暗室の中でのインスタレーション。
部屋は、床に蒔いたポプリの匂いで充たされており、観客はポプリを踏み、その音を聴き、感触を足下に感じながら暗闇をさまよう。
出入りの際の外光の侵入を防ぐために、仄かな赤い光に照らされた前室を設ける。
(このページの写真は、前室の光量を実際よりも上げ、インスタレーション内に投射した状態で撮影された。)
インスタレーション内で視覚的に感知できるのは、部屋の各壁面に一個づつ設置された、計4つの点滅する赤いLEDのみ。
動くと、LEDの残像によって距離の感覚が非常に不安定になる。
LEDに近づくと、赤外線センサーよって、あらかじめ録音されていた音がトリガーされ、LEDの真下に設置された小型スピーカーより一定時間再生される。
LEDにさらに近づくと、円形の鏡に映る自分の姿と、その前に置かれた薔薇の花がわずかに見える。

毎朝開場前に、口腔を使ったサウンドパフォーマンスをインスタレーション内で行い、その過程を、LEDと同じ場所に設置した計4つのループサンプラーに、繰り返しオーバーダビングしながら録音する。
マイクは携帯電話等に使われる小型のものを、サンプラーに直接接続。サンプリングの最大時間は10秒程度。
それぞれのサンプラーが、他の三つのサンプラーから再生される音を拾い、部屋の鳴りを多く含んだ持続音になるまでパフォーマンスは継続された。
したがって、四つのサンプラーがすべて再生されると、オーガニックなフィードバックとホワイトノイズに充たされた空間が生じる。

インスタレーション内に誰も居ない時に、すべてのサンプラーが鳴りだすという奇妙な事が、展示中数回起きた。

このページのミュージックプレーヤーに収められたレコーディングは、サウンドパーフォーマンスの「過程」の記録であり、サンプラーに録音された結果のレコーディングではありません。
録音はステレオマイクを用い、ポータブルDATレコーダーに直接行われた。
このレコーディングはCDR一枚に収録され、同年に同タイトルで、およそ100部程配布された。

パフォーマンスのスコア



プラン

いくつかのコンテンツの閲覧にはフラッシュプレイヤーが必要です。
このサイトのインターネットエクスプローラーとの互換性は未確認です。他のブラウザーでご閲覧下さい。

このサイトのすべての素材は以下のライセンスに帰属します。
Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.