Highslide JS

満潮鏡

high tide mirror CD




直販店:オムニメメント ショップ (ベルギー)、Shining Day (イギリス)

ディストリビューター / ショップ
日本:Art into LifeOmega PointDisk Union
ヨーロッパ:Bimbo Tower (フランス)Drone Recordsaufabwegen (ドイツ)、Shiny Beast (オランダ)、Stashed Goods (イギリス)、Volcanic Tongue (スコットランド)、Soundohm (イタリア)、Out-Of-Print (ベルギー)
アメリカ:Aquarius RecordsExperimedia


クリックでスライドショー

o ニュース

o バイオ

+ アーカイブ

レコーディング

o ショップ

o コンタクト


  • タイトル:満潮鏡 (High Tide Mirror)
  • アーティスト:こじょう ひとし
  • 曲名:1. 星間匍匐 (7:09)、2. たね織り (3:28)、3. 星座のほころび (10:19)、4. 月面発芽 (9:11)、5. 満潮鏡 (12:07)、6. 地底海 (3:29)
  • フォーマット:CD
  • カバー:ダブルエンベロープ / 手刷りシルクスクリーン、300グラム色厚紙
  • 発行部数:初版 200部(ナンバー入り)
  • 発行年月:2012年10月
  • レーベル:オムニメメント / Shining Day
  • カタログナンバー:om 06 / shine 12

  • 2010年秋ヴェヴェイ(スイス)、リヨン(フランス)でのライブセットから録音。2011年冬ブリュッセル(ベルギー)にて編集。
  • カバーの色に三種有り:薄紫、紫、濃紺。
序文

個々の惑星の内部共鳴、惑星間の距離によって生じるハーモニー、それらの円舞が奏でるメロディー。
私たちの根幹を大地のある地点に接続する時、その身体は宇宙の音楽を受け取る受信機になり得る。しかし、今日地表の電磁場は不法に干渉されているため、私たちの感応力はその暴力的なモワレによって抑圧されている。
まずは、私たち自身を根源的な地磁気の流れに同調するにまかせ、太陽と月との音調舞踏に身を浴してみてはどうだろうか。その時、私たちは自然発生的にそれぞれの特質に応じた振動を発生し始めるだろう。それが宇宙のハーモニーの一部になるための基音であり、天体の円舞に参加する第一ステップである。

レビュー

音薬談

今年、site-specific (場特異的) な演奏を集めた 『あまねく うつしみ』 を発表した小城仁志さん。 早くも届いた新作 『満潮鏡 (High Tide Mirror)』 には、前作で獲得したものが惜しみなく披露されている。
様々な場所に居て星雲が送って来る磁波を浴びた彼は、そのエナジーを完全に取り込んでしまった様だ。 まるで精霊のおしゃべりを想わせる音からアルバムが始まり、5 つのトラックに磁波で綴る物語が描かれている。
私と言えばまだそこに蠢く囁やかだからこそ確かなエナジーに酔っていて、それを表す言葉にも出逢っていない。 ずーっとぼんやり、「満潮鏡とは、何を意味するのだろう?」 と考えあぐねているばかりの体だ。
でもジャケットに印刷された銀色の鯨を見ていると、想うことがある。 「満潮の鏡とは、界面すれすれを泳いでいる銀鯨の背中なのかなぁ」、と。 鯨はいつも深海に居てその姿を見ることは出来ないが、満潮の海の輝きからそれを想うことは出来る。

そんな、想うということの大切さがこのアルバムには漂っていると想うのだ。
ジャケットで銀の鯨の吹く潮は葉脈と成っていて、まるで世界のエナジーに潜む謎を表している様だ。

坂口卓也

レビュー

Igloo Magazine

A singular sound, most recently enjoyed on Animala Corolla by Juppala Kaapio, basically the same song under a different mantle. Both sound like the first sounds ever made by the planet and the last ones that will ever be heard.

続きを読む

レビュー

Musique Machine

The Japanese born, Belgium resident, Hitoshi Kojo describes himself as a 'sound-painter'. It suggests an audio exploratory form of abstract expressionism - a far less cluttered and confused realm than the more constricting, less meaningful tribal genre tags he undoubtedly encounters such as drone or dark ambient.
続きを読む

レビュー

Volcanic Tongue

Gorgeous new CD from Kojo, one-half of the amazing environmental drone/ritualists Kodama, presented in a deluxe silkscreened card package with inner screened sleeve and die-cut detail in a hand-numbered edition of 200 copies: this is cosmic, organic drone work that moves through violent storms that sound like distant recordings of the surface activity in variously imagined universes through the sound of whale song in space and a gloriously hi-fi take on the kind of epic ascension style of early Skaters.
There are various nods to Taj Mahal Travellers, Coil and the deep field visions of Hermann Nitsch but this is a singularly beautiful statement of psychedelic/cosmo bliss that lines up with classics of the form like Axolotl’s amazing Telesma in terms of a profound reconciliation of fleshy cosmic eternities and brain-razzing electro detail.
Sudden rushes of microtone thick drone trail into the distance while ancient sounding horn calls, mouth harp, hurdy gurdy tones and forlorn morse code melodies circle like the Third Ear Band soundtrack Space Is The Place in a higher key specifically designed to ‘speak’ to aquatic alien life-forms. And when Kojo adds the odd human gasp or held vocal tone the effect is tectonic.
Sublime organic eternal music with one foot in ritual folk forms and the other in the pool of the cosmos. An amazing side, highly recommended!

David Keenan

レビュー

KFJC 89.7 FM

Power drone of the highest calibre. Flecked with bits of organic found sound, but the electronics on this are an exercise in audio hypnosis. Little eddies and vortices of sound spiral through your headphones. Time moves out in all directions.
The title track shimmers with sustain until about four minutes in a chord descends/emerges. It feels like a blanket being laid down upon you. Histoshi’s drones are never stark, nor mono-focused, but deftly filled with color and slow evolution. I’ve seen some of this photographs which capture nature in decay but simultaneously spawning more life, and that’s what is music captures.
Water washes in and out of pieces, and a jaw harp burbles through “Seminal Weavers.” Processed voice comes in gossamer whispers, blending with the keyboards. voice is most present as mini-mantra on “Unlaced Constellations.” Is that bowed nyckleharp on “Lunar Germinations” skittering of some sort, fast yet steady like hummingbird wings. A guitar can crash like the ocean, a synth is a satellite is an owl.
Turntables and tide tables both influence this transplanted Japanese artist working in Belgium currently, but he’s clearly a citizen of the earth, water and sky.
A co-release on his own imprint with Shining Day, with packaging that shows the emptiness of mp3s. Thanks Hitoshi!

Thurston Hunger

いくつかのコンテンツの閲覧にはフラッシュプレイヤーが必要です。
このサイトのインターネットエクスプローラーとの互換性は未確認です。他のブラウザーでご閲覧下さい。

このサイトのすべての素材は以下のライセンスに帰属します。
Creative Commons Attribution-NonCommercial-ShareAlike 3.0 Unported License.